釣りとは何か?

こんにちは。会長の沼倉裕です。

釣り(=フィッシング)は、人間が太古の昔から食料を得るための狩りとして、
また、生き物との闘いという娯楽として行われてきた
人間と関わり合いが非常に深いゲームです。

まさに、数少ない世界共通の文化とも言えるでしょう。

そのため、釣りは”ただ釣れればそれでよし”というわけではなく
何をターゲットとし、そのターゲットを釣り上げるために
どんな戦略でいつ挑むか、を究極まで追求して出た結果が面白いのであります。

ここでは、これから釣りを極めたいという人のために
釣りの基本と本質を沼倉裕の目線から語っていきます。

チームのメンバーは是非全員に読んで頂きたいと思います。

 

”何が釣れるかなー?”が釣りではない

”何を釣りに行くのか”

まず釣りではここがスタート地点です。

 

どの魚をメインターゲットにするかで

・釣る場所
・天候
・時間帯
・水温
・淡水/海水
・魚の習性
・釣り竿(ロッド)
・リール
・餌やルアー
・釣り糸(ライン)
・釣り針(フック)
・服装
・その他の道具

などなど、全ての要素が全ての魚で異なると思ってください。

 

道具はもちろん、魚によって季節・時間帯や水の状態など
組み合わせは無限にあります。

 

そして、無限の組み合わせの中から自分なりの最高の組み合わせを試行錯誤し、
狙った魚を釣り上げた時に至上の喜びがそこに生まれます。

しかし、一方で生き物を相手にするフィッシングでは
”絶対的な正解が存在しない”という誰にも超えられない壁が常に目の前に
あることも面白さの1つです。まさに人の人生と同じと気づければ

釣り人(=アングラー)としての第一歩となります。

 

釣りでは”釣れないこと(=ボウズ)”が当たり前

釣れないことを釣り界では、ボウズと呼びます。

今日ボウズだったよ!なんていう言葉を聞いた事がある人もいるでしょう。

 

これは完全に私の持論ですが、”釣りは釣れなくて当たり前”と
思い続けることが大切であると思います。

 

確かにいざこれから戦いに挑む際は釣れることをイメージし、
釣る上げるために戦略を立てていきます。

それで釣れた時の喜びは何にも変えられないものです。

しかし、毎回当たり前のように釣れると思っていては向上心が欠落し、
戦略に磨きがかからず、最終的に魚になめられます。

 

当たり前に釣れない魚をいかに釣るのか、を意識していないと
本当にボウズで終わってしまうのが釣りであります。

 

例えば、初夏のシイラはルアーを見慣れていないので
比較的喰いつきが良く、ヒットしやすくなります。

ところが、夏が過ぎる頃のシイラは多くの釣り人たちが
初夏に投げたルアーを見た経験から警戒心が増します。

もしこのような状態の時に、初夏に使っていたルアーを
当たり前のように使っていたら初夏に釣れていたように釣れるでしょうか?

 

答えはNOだと簡単に分かります。つまり”釣れて当たり前”と思う事は
こういった”隙”を生み出してしまうわけです。

常に”魚”とは何かを考え、魚と対話し、
試行錯誤した先に”釣れる”という結果が初めて生まれるのです。

そしてその壁を乗り越えた先にある喜びというものは、
悩みに悩み、試行錯誤を重ねれば重ねるほど大きいものとなるのです。

 

もしあなたがこの苦労と喜びを知ってしまったら最後
アングラーとして、魚との闘いの螺旋上から逃れられなくなるでしょう。

 

釣り道具(=タックル)の選定

ロッド(竿)やライン(釣り糸)、リール、ルアーなどの道具を”タックル”と呼びます。

前述の通り、タックルの組み合わせは無限であり、
その選定に”絶対的な正解”というものは存在しません。

 

ロッドに関して言えば、長い・短い・太い・細い・固い・柔らかいなど
選択肢はロッドだけでも無限にあり、

何をターゲットにして、どういう風に釣るか

で使うものは全く異なります。

 

例えば、マグロをターゲットに!と決めたとしても

 

・何キロのマグロを狙うのか?
・餌で狙うのか、ルアーで狙うのか?
・どの季節に狙うのか?
・どの場所で狙うのか?

 

これら上に挙げた要素だけでも使う道具やタックルは
全く別物になります。そしてこれは全ての魚に共通します。

 

少し具体的な例を出しましょう。

100キロ以上のマグロを狙う場合、30キロ前後のマグロをターゲットにした
ロッドでは折れる可能性もあるので使えません。

30gまでのルアーしか投げられないロッドで100gのルアーは
投げられませんし、逆に200gまでのルアーを投げられるロッドでは
硬すぎて10gのルアーは投げる事ができません。

300m以上のラインをリールに巻かなければいけないマグロ釣りでは
100mしか巻けないリールは当然使えません。

 

上の例は基本のキにも満たないくらいの基本的な事で
深く掘り下げていくと1つのターゲットでも考えなければ
いけない要素は非常に多く存在します。

 

このような要素を初心者の人が1から積み上げていくのは
非常に時間もかかることですので
まず初心者の人は、自分で無理に選定しようとせず
経験者(お店の店員さんや先輩アングラー)に聞くのが最も良い方法です。

そして実際に自分で釣りをしていく経験の中で自分なりの試行錯誤や自分の色を
見出していって欲しいと思います。

 

魚には難易度がある

釣りでは狙う魚によって難易度が存在します。

アジなどの小型の魚などはそこらの防波堤などで
糸を垂らしていればどんな方でも釣りは楽しむことはできるかもしれません。

しかし、大型・小型問わず初心者が経験もなしに
いきなり挑むことは無謀にも思える魚・釣りもあります。

 

例えば、鮎の友釣りなどは魚自体は小さく、ファイトも少ない魚ですが
鮎の習性や行動パターンを良く理解していなければ成立しない
”友釣り”という釣り方が大変難しい釣りでもあります。

フライフィッシングという釣りは、他の釣り方とは
ひと味違うため、実際に釣りに行く前にフライキャスティング(ロッドを降って
フライを遠くまで飛ばす)の練習が必要になる釣りもあります。

 

魚の例でいうと、真鱈(まだら)という魚は冬の風物詩ですが
真鱈は体力が少ない深海魚のため、一度ハリにかけてしまえば
あとはゆっくりと水面に浮上してくるので
ヒット(=魚がハリに食いつくこと)さえしてしまえば
比較的難易度の低い釣りになりますが・・・
そこに至るまでが決して簡単とは言えない。

 

逆に、マグロやシーバス、シイラなどは非常にファイト(=魚の体力やハリを
はずそうとする行動)が激しい魚です。

ヒットさせるまでの難易度はもちろんですが、ヒットしてから
水面からのジャンプに警戒をしたり、口でラインを切られないように
注意しなければいけない、など難易度が高くなります。

マグロなどは、ヒットから100m以上水中を走られることもありますし
やっと水面に浮いてきて、船の近くまで寄せてきたと思ったら
マグロが船に気づき驚く事によって、
そこから本格的な戦いが始まることもザラにあるわけです。

 

ですので、基本的には難易度の低い釣りからスタートし少しづつ
難易度を上げていくのが良いでしょう。

 

このように、一言で「釣り」と言っても釣り方や魚との
向き合い方は多種多様で絶対的な正解というものはありません。
だからこそ、釣りには面白さがあり、何ものにも得られない
感動を感じる事ができるのです。