MELLIDION FISHING CLUB

マグロを釣る

マグロ用(ルアー)タックル

 

まさに海の怪物。海釣りのロマン。釣った人間の生き方さえも変える

と言われるマグロ。ヒットから100mはラインを出させる覚悟と

数十キロを超える巨体を支えるヘビー級のタックルが我々の武器となります。

キハダマグロでは当然、クロマグロとなると100kgを超える

巨漢に耐えうるさらに強靭なタックルが必要になります。

 

ロッド

船からのロッドの場合、7.6ft〜8.5ft前後の強靭なロッドを使います。

最低でも40kgに耐えられるようなロッドが推奨されます。

さらに、マグロでは100g前後の超大型ルアーを使用するので

その重さをキャスティングできるロッドでなければなりません。

キハダを狙うのであれば、PEライン5号、ルアー負荷100gまでを

投げられるキャスティングロッドが必要。

 

 

リール

5号のPEラインを最低300m巻ける大型リールが基準になります。

最低300mは巻けるリールがないと話にならないと思ってください。

一般的に高い価格のモノが良いとは限りませんが、

リールは別物。釣りの道具ではリールが最も価格と質が

比例しやすい道具です。つまり粗悪なリールを使う事で

大型の魚の場合、逃がしてしまう可能性が大きくなります。

大物狙いの釣りの場合、大物がヒットすると周りの人達の協力が

必要になってくる場面が多々あります。

せっかく大物がヒットし、何十分も格闘したあげく道具のせいで

逃がしてしまったのでは、協力してくれた仲間に申し訳が立ちません。

ロッドやルアーなど他の道具は費用を抑えたとしても、リールだけは

少々お金をかけた方が良いというのが沼倉裕の持論です。

もしも安いリールを使うくらいならレンタルした方が◎です。

 

沼倉推奨はシマノのステラSWかツインパワーSW

(個人的にリールはシマノが好きです)

スクリーンショット 2014-08-09 19.18.33

マグロ向けシマノ製品リールの場合

10000番以上

の大型リールで挑みましょう。

沼倉裕奨励はツインパワー12000XGです。

マグロ釣りではマグロに走られ、放出されたラインを巻き取る速度が重要。

HG(ハイギア)、XG(エクストラギア)のリールは

巻き取り速度が高いので、戦いの時間を

大幅に短縮し、釣り上げる確率を上げます。

シマノの最上位モデルであるステラは10万円前後。

ツインパワーで5万円前後となります。

 

ルアー

スクリーンショット 2014-08-09 20.17.55

マグロは水面直下を高速で小魚を捕食する強者。

小魚達が大型魚から追われ逃げ場を失って水面で

逃げ惑う状況をナブラと呼びます。このナブラを狙って

ルアーをポイントに投げるのがマグロフィッシングの基本です。

水面下はマグロなどの大型魚、水面上は鳥。

まささにナブラは小魚にとっては地獄そのものです。

鳥もたくさん飛んでいるので、不本意にも鳥が釣れる事もあります。

 

110mm〜180mm前後のルアーを良く使用します。

マグロには、基本的にペンシル系のフローティングかシンキング

大型ルアーが奨励されます。ただし、水面下でのマグロは、

派手なアクションを嫌う場合が多い。特にマグロを狙う場合は、僅かなアピールで

最大限のアピールができるマグロ用に開発されたルアーを使いましょう。

 

フローティング系の沼倉裕所有ルアーは

・Maria ローデッド(180mm/75g)

・テイルウォーク GUNZ(180mm)

 

シンキング系の沼倉裕所有ルアーは

・CB ONE OZMA(SHW)(115mm/63g)

・CB ONE OZMA(HW)(140mm/68g)

・Sea Falcon ファルコン(DEAD Bait)(120mm/60g)

・Maria ローデッド(LEVEL-S)(140mm/63g)

・Daiwa オーバーゼア(S)(140mm)

 

ラインシステム

PEラインとショックリーダーで挑みます。

PEラインはキャスティング用5号か6号。

マグロの歯や岩肌にショックリーダーが接触して

リーダーが切れる事も想定しなければいけません。

ショックリーダーは100lb〜130lbで挑みます。

最低、PEラインは300mは巻いておきましょう。

ショックリーダーは3m前後をPRノットかFGノットで結合します。

 

フック

マグロで使うフックはトリプルフックかシングルフックを使用。

#2/0前後のフックを用意しておきましょう。

 

 

© 2019 MELLIDION FISHING CLUB

テーマの著者 Anders Norén