釣り準備編

こんにちは。会長の沼倉裕です。

【M.F.C.】の釣りイベントでは、船に乗船する事も少なくありません。

以下は釣りの準備として”絶対に必要なもの”をまとめたので必ず確認してください

入手は上州屋などの釣り具店(最大級の池袋店がオススメ)で可能です。

釣り具屋の店員はもれなく釣り好きがほとんどなので
分からない事は店員さんに聞いてみましょう!

 

ライフジャケット

船上での釣りの場合、乗船者は必ず身につけておかなければいけません。

レンタルしてくれる船もありますが、人数分おいてる保証をしている船は
そんなにありませんので、ライフジャケットだけは必ず各自用意をお願いします。

無いと大体死にます。

沼倉はRyobiのボンベ型ライフジャケットを所有しています。

88423-lg-1-2

 

ボンベ型ライフジャケットはかさばらず機動性◎。

価格は10,000円〜20,000円なので、費用を抑えたい人は機動性は落ちますが
フローティングベストという2,000円くらいから買えるベストでもOK。

スクリーンショット 2014-08-09 18.36.30

 

とにかくライフジャケットは必須です。

 

タックル

つまり、ロッド・リール・ルアーなど。

これはほとんどの船でレンタルすることができるので
無い方はレンタルを希望してください。

しかし、最終的には自分専用の試行錯誤したタックルで挑む事に
やはり釣りの最大の醍醐味があります。

 

酔い止め

船の場合は各自必ず用意してください。

慣れている人でも、手先の細かい作業などをやっている際
突然その時はやってきます。

ちなみに沼倉のあまたなる経験では、酔い止めは乗船の15分くらい前に
”必ず何かお腹に食べ物を入れた状態”で飲むのがベストです。

空腹・満腹の状態で乗船はしない方が良いです。

 

飲み物・食料

船上(戦場)にはコンビニはありません。

つまり飲料・食料は数時間に渡る魚との格闘のため
必ず各自で確保して乗船しましょう。とくに飲み物。

 

サングラス

夏場の船釣りでは間違いなく持ってきた方が良いです。

特に偏光レンズのサングラスは◎。

シイラなどのトップウォーターを狙う事が多い釣りなら
なおさらあった方が有利です。

また、海面に反射する日光は反射率も高く我々の網膜に
一定のダメージを与え続けます。

 

服装

夏は適当で良いですが、冬は凍え死ぬレベルの寒さになります。
冬はスキーウエアを来てもちょうど良いくらいです。

ただし、靴に関しては注意です。

サンダルなどは絶対NG
戦場に戦いに行くのにサンダルで行く人はいませんね。

滑りにくい専用靴か長靴やスニーカーが良いです。

 

2014年8月8日

このページの先頭へ

イメージ画像