釣りの対象となる魚

こんにちは。会長の沼倉裕です。

釣りでは多くの魚が対象となります。
ここでは、M.F.T.が主に狙っている魚を解説していきます。

[br num=”1″]

・GT(ジーティー)

rock-monster-gt

和名はロウニンアジと呼ばれる、アジ科の最大種。
まさに海のモンスター。体の半分くらい顔。

世界記録は70kgという海外や日本の温暖な海で
非常に人気なターゲット。

カジキマグロなどの超大型魚をのぞけば
最高級のファイトが期待できる魚である。

主にルアーで狙います。

 

・シーバス

スクリーンショット 2014-08-10 4.07.51

最も釣れる時期は4月〜10月。
ルアーやサビキで釣る事が多い。

特に4、5月はバチ抜けのシーズンなので釣果に期待できる。
※バチ抜け=バチ(ゴカイ)の産卵時期にバチが水面を漂い産卵を行う現象。

体長は大きなもので1mを超え、エラ洗いやジャンプなど
ファイトしがいのある魚の一種。

釣りでのポイントとしては、口の大きさのわりに
喰いが甘く、ヒットしてもフッキングせずにバラしてしまうことが多い。

また、ジャンプやエラ洗いに警戒し常にロッドを
低く構える準備ができていないと一瞬でルアーを外されてしまう。

また、沖、河口、川の中流など生息ポイントは
様々なので非常に人気の対象魚です。

 

・シイラ

スクリーンショット 2014-08-11 19.32.30

最大で体長2m、体重30kgにも及ぶ海の肉食獣。

期待できる時期は6〜10月。
9月以降に大型のシイラが良く釣れるようになる。

水面を泳ぐ小魚を捕食する事が多く
ルアーフィッシングではトップウォーターでの
攻めをどう攻略していくかがポイントとなります。

海に浮かぶ漂流物の下に着く性質があり
時には100尾を超えるシイラの大群を見る事もあります。

ヒットすると横に走り出し、ジャンプやテイルウォークなど
彼らのファイトは見事なものです。

ちなみに頭が角張ったものがオス。丸いカーブの頭がメスです。

 

・真鯛

IMG_1983

刺身や鯛飯として人気の真鯛。
一般的に我々の前に食材として見られるのは
30cm前後の真鯛が多いですが、釣りでは
主に1m以上ある鯛を狙っていきます。

期待時期は4月〜10月くらいまで。

主に餌釣りで狙う場合が多く、コールデールやエビなどが
使われる場合が多いです。

一旦ヒットすると石が針にかかったような
ずっしりとした重さは鯛特有の引きです。

鯛は一口で餌を丸呑みするような食べ方をしないので
慎重なアワセが必要です。急ぎすぎると餌だけを持っていかれます。

真鯛のアワセのポイントは
コツコツやグングンと引くような状況ではまだ早いです。
餌を確実にくわえ、グーンという強い引きが来たら
初めてガツンと一発アワセを入れます。少々慣れが必要かもしれません。

 

・青物

スクリーンショット 2014-08-11 21.35.03

一般的に、ブリ・ハマチ・イナダ・カンパチ
ヒラマサなどが青物と呼ばれ釣りのターゲットとされる大型魚です。

青物は特有のグイグイと力任せに引っ張る
特有の引きが人気の理由です。

時期は夏〜冬にかけて釣れやすく
餌、ルアーはもちろん、ジグなどでも積極的に狙います。

沼倉も1mのブリがたった1号のナイロンラインにヒットした際は
ラインが切れないかヒヤヒヤしました。
それくらい引きが面白い魚達です。

ちなみに、青物の中でも強烈な引きで有名な
ヒラマサとブリはほとんど見分けがつきません。

口元の形で見分けるのが◎。
角張っているのがブリ。丸くなっているのがヒラマサ。

スクリーンショット 2014-08-11 21.37.51