シーバス用タックル

スクリーンショット 2014-08-10 4.07.51

淡水・海水どちらも生息域とする、ルアーフィッシングでも
人気の対象魚であるシーバス。陸からでも船からでも狙える魚としては
シイラ・マグロを釣りたい人はまずシーバスからスタートというのもありです。

しかし、難易度は決して簡単な方ではなく1mを超える個体も存在し
ファイトに気を使わなければ比較的バラしやすい魚でもあります。

 

ロッド

陸からの場合は、8ftを超えるロッドの方が狙ったポイントまでルアーを
飛ばしやすく扱いやすいですが、
船からのロッドの場合、機動性を考えて8ftまでのロッド
決められている場合もありますので、陸・船両方に対応させる場合は
8.0ftのロッド選んでも良いです。

シーバスの場合は人気の対象魚だけあってシーバス専用ロッド
多く開発されていますので比較的簡単に選定はできるでしょう。

 

沼倉は、

・Daiwa モアザン

・Daiwa ラテオ

というシリーズの9.2ftと8.0ftのモデルを陸と船で使い分けをしています。

 

リール

他の大型魚などとは異なり、数十分の格闘を行う事はあまり多くありません。

ですので、熱によるリール本体へのダメージや
巻き取り速度は、マグロなどの大型魚ほど気にせずとも十分戦えます。

スクリーンショット 2014-08-10 20.14.38

シマノであれば、

・バイオマスター

 ・ツインパワー

CタイプSWタイプどちらでもOKです。

 

ダイワ製品であれば

・カルディア

で十分に闘えます。大きさは

・3000番前後の中型リール

を使っていきましょう。

 

ルアー

スクリーンショット 2014-08-10 20.17.32

シーバスは生息域が広く、海・川の中に

・橋の下

・陸への駆け上がり

・障害物の近く

・水の流れのヨドミ

などなど、様々なポイントが存在します。

また、状況によっては水面・中層・底など
色々な状況下でヒットの可能性があります。

 

ですので、様々な状況に対応するために

・ミノー

・シンキング

・バイブレーション

トップウォーター

など、ある程度のルアーは揃えておいた方が良いでしょう。

8g〜20gのルアーが主流になります。

 

また、他の魚同様に時間帯や環境によっては
落ち着いたカラーのもの、ギラギラした派手なカラーなど
シーバスの喰いつきが異なりますので、色も何色が揃えておきたい所です。

とはいえ、シーバスは非常に人気の対象魚で
シーバス専用のルアーは数えきれないほどありますので
以下、沼倉が所有のルアーを記載しますので
迷う方は同じものを揃えると様々なポイントに対応できます。

オススメ順に書いていきます。

 

▼沼倉所有シーバス用ルアー一覧

・にょろにょろ(105mm)(グリーン・ホワイト・レッドヘッド)

バチ抜け専用ルアー。バチ抜けの時期(5月〜8月)は
これ一本あれば良いくらいの強力なルアーです。

※バチ抜け=バチ(ゴカイ)の産卵時期にバチが水面を漂い産卵を行う現象。

そしてシーバスが栄養価の高いバチを主に捕食するので、バチを模した
にょろにょろはこの時期最強とも言える効果を発揮します。

 

・Rapala カウントダウン(90mm or 70mm)
(レッドヘッド・背ピンク・ミラーグリーンなど)

沼倉の釣り上げたシーバスの半数以上はこのルアーから。

絶対に所有してほしいルアーの1つです。
このルアーは落ち着いた色と派手な色のもの2種類は欲しいところです。

 

・邪道 スーサン

絶対に所有してほしいルアーの1つです。
このルアーも落ち着いた色と派手な色のもの2種類は欲しいところです。

 

・シマノ サイレントアサシン(99mm)(イワシカラー)

・Jackson アスリートミノー(90mm)(イワシカラー)

・アムズデザイン Komomo Slim(95mm)(マグマキャンディ・パールホワイト)

・タックルハウス ローリングベイト(88mm)(レモンイエロー)

 ・マングローブスタジオ マリブ78(マイワシカラー)

・アイマ Sasuke SF-95(95mm)(レッドヘッド)

 

ラインシステム

PEラインとショックリーダーで挑みます。

PEラインはキャスティング用1号か1.5号でも十分です

ショックリーダーは16lb〜32lbが目安となります。

 

フック

マグロで使うフックはトリプルフックを使用。

6番前後のフックを用意しておきましょう。

2014年8月9日

このページの先頭へ

イメージ画像