シイラ用タックル

スクリーンショット 2014-08-09 18.50.37

夏の風物詩シイラ!

シイラは1m・10kgを超えるものも多く
特徴的な水中での突っ走りと海面からのジャンブに耐えうる強靭な
タックルが必要になってきます。

 

ロッド

船からのロッドの場合、7ft〜8ftのロッドを使います。

8ft以上だと慣れている人ではないと船や人に当たって
事故に繋がる可能性もあるので、8ftまでがベストです。

さらに、シイラでは20g〜80gまでの大型ルアーを使用するので
その重さをキャスティングできるロッドでなければなりません。

もちろん、ルアーを使うのでキャスティング専用ロッドを使用。

さらに、シイラを狙っているとキハダマグロなどの青物が
同時にヒットする場合もあります。
その場合は軟弱なロッドの場合普通に折られます。

沼倉は過去にシイラを狙っていて大型の
ヒラマサがヒットしロッドが割れた経験がありますので
MHくらいのロッドを選定しておきましょう。

 

リール

初心者の方や大型魚を釣りなれてない方は、
4号のPEラインを200m程度巻ける中〜大型リールが基準になります。

一般的に高い価格のモノが良いとは限りませんが、
リールは別物。釣りの道具ではリールが最も価格と質が
比例しやすい道具です。

つまり粗悪なリールを使う事で大型の魚の場合、
逃がしてしまう可能性が大きくなります。

大物狙いの釣りの場合、大物がヒットすると周りの人達の協力が
必要になってくる場面が多々あります。

せっかく大物がヒットし、何十分も格闘したあげく道具のせいで
逃がしてしまったのでは、協力してくれた仲間に申し訳が立ちません。

ロッドやルアーなど他の道具は費用を抑えたとしても、
リールだけは少々お金をかけた方が良いというのが沼倉裕の持論です。

もしも安いリールを使うならレンタルした方が◎です。

 

沼倉所有リールはシマノのステラSWかツインパワーSW

(個人的にリールはシマノが好きです)

スクリーンショット 2014-08-09 19.18.33

シイラ向けシマノ製品リールの場合

5000番〜8000番

のリールで挑みましょう。

シマノの最上位モデルであるステラは10万円前後。
ツインパワーで5万円前後となります。

 

ルアー

スクリーンショット 2014-08-09 19.45.45

シイラは水面を高速で泳ぐレーサーですので
トップウォーターで狙う事が多い魚です。

基本的に水面を泳ぐ小魚を演出するルアーで挑みます。

110mm〜140mm前後のルアーが◎です。

 

・ポッパー

・フローティングペンシル

・ミノー

などが◎。

 

沼倉裕所有ルアーは

・Maria ポップクイーン(140mm)

・Maria ローデッド(140mm/43g)

 

水面で狙ってシイラの喰いが良くなく、水面に上がってこない場合は
シンキングペンシル系のルアーなどで水中でアピールし
ヒットを狙ったり、状況に応じてルアーを変更し挑みます。

・シンキングペンシル

・ジグミノー

などが◎。

 

シンキング系での沼倉裕所有は

・Maria ローデッド LEVEL-S(140mm/63g)

・Daiwa オーバーゼア(S)(140mm)

 

最低限揃えたいという人は

・Maria ポップクイーン(140mm)

・Maria ローデッド LEVEL-S(140mm/63g)

あればOKです。

 

ラインシステム

PEラインとショックリーダーで挑みます。

PEラインはキャスティング用3号か4号。
ショックリーダーは60lb〜100lbで挑みます。

シイラは走る魚ですし、突然キハダなんかがヒットした
場合の事も考えてPEラインは300mは巻いておきましょう。

ショックリーダーは1m〜2mをFGノットで結合します。

 

フック

シイラで使うフックはトリプルフックを使用。

#1/0前後のフックを用意しておきましょう。